災害対応型トイレ 循環式 水洗トイレ「リサイくるん®」

誰もが、想定できなかった災害時のトイレ問題

特に女性にとっては、男性が思う以上に汚れや臭いなどの衛生面、プライバシーの問題など災害時に深刻になるトイレ事情があります。

 東日本大震災で、食糧や水、衣類などの問題以上に深刻だったのがトイレ問題でした。多くの人々が、学校などの避難所へ避難したものの、水道、電気などライフラインが壊滅的な被害を受けたため、水洗トイレは機能せず、トイレ内は垂れ流し状態で排泄物が蓄積され、その後は地面に穴を掘り一箇所に放置されていました。このような不衛生な状態が1~2ヶ月も続きました。
 次期南海トラフを震源とする大規模災害においても同様の事態が想定されます。停電・断水により水洗トイレは機能せず、仮設トイレは即時満杯となり、簡易トイレ等で発生した汚物ゴミが大量に発生します。その上、それらの回収の目途も立たない状態に陥ることも考えられます。
 冬期にはトイレの使用頻度が増加、夏期には気温30℃以上の真夏日が続けば、衛生環境の急激な悪化のため、病原菌発生などによる二次災害の拡散も懸念されます。震災対策として、トイレは喫緊の課題であるといっても過言ではないと考えます。

災害時のトイレ問題を「リサイくるん®」が解決します

循環サイクル

 前途の課題を解決すべく、弊社が開発したのが循環式水洗トイレ「リサイくるん®」です。
「リサイくるん®」は、活性汚泥処理・ろ過処理といった独自の循環処理技術の組み合わせにより、汚水を浄化し排水ゼロで洗浄水として水洗トイレに再利用する製品です。
 循環処理された洗浄水は、透明で臭いの心配もありません。そのため避難所生活での精神衛生上の効果も期待できます。また排水がないため環境に優しく、環境保全区域などにも設置することができます。
 当製品の自己循環機能は大人数対応型である上、断水時はもちろん、水道がなくても稼働します。それにより、多くの人が集まる災害時の避難所などでの高頻度、長期使用の状況下でも問題なく利用できます。また、省電力設計ですので、停電時にも、小型発電機や自動車用バッテリーで稼働します。さらに利用頻度に合わせて、トイレ部だけの増設も可能です。
 なお、災害時など過度の処理が必要な場合には、大量の汚泥を蓄えつつも夜間自動運転にて対応できる処理装置を備えておりますので、万一処理能力を超えた際にも当分の間は継続使用可能な設計となっています。